燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
一日一鍬ブログ:相田合同工場

農機具販売店様に向けた『鍬の修理取次店募集』を本日11月20日より始めました。
2018/11/21  / カテゴリー:お知らせ  / 執筆者:相田聡



農機具販売店様に向けた『鍬の修理取次店募集』を本日11月20日より始めました。 詳しい内容は資料をお送りいたしますので、興味のある農機具販売店様はお気軽にお問い合わせください。

▼鍬の修理 相田合同工場
(クリックすると動画が再生されます)


オンラインショップ「kuwayaストア」終了のお知らせ
2018/01/04  / カテゴリー:お知らせ  / 執筆者:サイト管理者



あけましておめでとうございます
2018年もどうぞよろしくお願いいたします

2018年のスタートを契機に
弊社オンラインショップ「kuwayaストア」を
もう一つのオンラインショップ「匠のぬくもり本舗」と一本化させていただくことになりました
永年のご愛顧、誠にありがとうございました

これからは、「匠のぬくもり本舗」をより充実させ、
皆様の畠ライフ「畠活」にお役にたてるオンラインショップとして運営していく所存でございますので
今後ともご愛顧のほど、どうぞ宜しくお願いいたします

匠のぬくもり本舗
http://www.takumi-honpo.com/

お問い合わせ頂いた【大手鍬 二本丸爪】の販売を開始しました。
2017/05/17  / カテゴリー:お知らせ  / 執筆者:長沼



お問い合わせ頂いた【大手鍬 二本丸爪】をKuwayaストアにて購入出来る様に掲載いたしました。

畑作業の狭い畝間の雑草処理道具
手鍬では対応しきれない大きさで普通の大きい鍬では、対応できない場所の作業に適しています。
爪形状により土に深く入り込み耕しながら雑草を根から処理することができます。

http://kuwaya.shop-pro.jp/?pid=33937189

こちらの商品は匠のぬくもり本舗でも販売しております。


NHK あさイチ「ピカピカ★日本」 再放送予定
2017/05/09  / カテゴリー:お知らせ  / 執筆者:サイト管理者



2017年4月18日火曜日に放送されました
弊社を取り上げていただきました、NHKあさイチの番組内のコーナー、
「ピカピカ★日本」の再放送がNHK新潟にて放映されることとなりましたので
お知らせさせていただきます。

5月12日(金) 
19:30~ きらっと新潟
5月17日(水)
11:05~ きらっと新潟
18:10~ 新潟ニュース610

上記の3回、放映されます。
是非、ご覧いただけましたら幸いです。

どうぞ、宜しくお願い致します

NHKあさイチでご紹介いただいた「鍬」につきまして
2017/04/18  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



本日、2017年4月18日火曜日放送のNHKあさイチの番組内のコーナー、
「ピカピカ★日本」において、弊社が取り上げられました。
その中で「バック イン クワ」としてご紹介いただきました刃と柄がセパレートすることが出来る鍬、
「能率鍬」について番組終了からお問い合わせを多くいただいております。
その「能率鍬」におきましては、トップページ、インフォメーションの下にあるオレンジ色のバナー
「ストックバスターズ様」でのお取り扱いだけとなっております。
ご購入におきましては、バナーから入っていただきまして、ご購入をお願い致します。
多くのご反響に大変感謝致しております。

お問い合わせ頂いた【球根掘り】の販売を開始しました。
2017/04/07  / カテゴリー:お知らせ  / 執筆者:長沼



オンラインショップ直営店kuwayaストアにて球根掘りの販売を開始しました。
球根を掘ることはもちろん、葉菜類の収穫にもお使いいただけます。
数量限定となっておりますので、ご購入はお早めに。

http://kuwaya.shop-pro.jp/?pid=116025943


第1回 関西 農業資材EXPOに出展しています。
2017/04/05  / カテゴリー:お知らせ  / 執筆者:長沼



本日4/5(水)~7(金)まで
株式会社高儀様のブース内で
弊社も出展しております

http://www.agritechjapan.jp/kansai/

大判の修理と製作依頼
2017/02/15  / カテゴリー:鍬修理  / 執筆者:相田聡



画像は通称「大判」とよばれる鍬です。
独特な形状は鍬とジョレンと草削りを全部足したようです。大きさを対比した軍手を見ていただけば、その大きさが容易に想像いただけます。この度は刃先の修理と製造の依頼です。

私、10数年ぶりに現物を見ましたので、まだ使われていたのかと驚きと安堵の印象です。

今日の特注品
2017/02/13  / カテゴリー:鍬あれこれ  / 執筆者:相田聡



外は雪景色ですが、仕事はずいぶん春めいてきました。
春が近づくと増えるのは、鍬の修理と商品の問い合わせです。その二つを足して割ったような話になるのが、画像のような特注品のオーダーになります。
一番目の画像の11本爪があるのが、この度お引き受けした特注品です。
画像二番目と三番目が弊社の定番商品の「六つ子」と「八つ子」です。
六でもない、八でもない十一がこの度の正解となりました。農具はそもそもパーソナルな道具ですので、こちらで準備した商品以外のところに需要が潜んでいるという、典型的な事例です。
かといって、六、七、八、九…という品揃えは怖くてできませんけど(笑)

製品安全を取り入れた売り場。
2017/01/04  / カテゴリー:製品安全の取り組み  / 執筆者:長沼



先日、燕三条地場産業振興センター様にて製品安全を取り入れた売り場の提案をさせていただきました。
頭の重い鍬を床置にする事によって、商品落下によるリスクを軽減しました。
その際にこだわったのは刃を手前に向けない事。
商品を魅せるには刃を見せるのが一番なのですが、お子様連れのお客様が多い売り場だったので安全性を優先しました。
自立出来ない鍬は専用の台を作る事によって展示を可能にしました。

先日、Facebookにて紹介した時はまだ完全ではなかったのですが、用途によって使う道具がわかるボードを設置しました。
本日の営業より公開となっておりますので、ぜひ近くにお立ち寄りの際はご覧になってください。


ページトップへもどる