燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
一日一鍬ブログ:相田合同工場

「三角鎌」の人気はパワースポットのおかげ?
2009/09/16  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





先日、今期の予定数量を越えてしまった受注製造分の「三角鎌」の話題になったのです。『今年の受注分は今回で終わりだね。』といった話です。



実は弊社の須戸工場は「パワースポット」?なのです。ちょっとした話題が現実になってしまうことがしばしば。

たとえば、「・・・さん最近とんとご無沙汰だよね。」と言ってると、電話がかかってくる。
「最近、この商品動きが悪いね。」と在庫調べをしていると注文が来る、などです。

話題になっていた「受注製造の三角鎌」、今期予定数量を大幅に越えて再びご注文をいただきました。



「長期在庫商品の話をしよう!」と、思わず須戸工場の社員さんに号令をかけている私でした。

「カッチャ小」なるもの
2009/08/20  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





家庭菜園用の手鍬。ホームセンターでは398円など超低価格の海外品が主流となっています。国産の手鍬,ましてや鍛冶職人作の手鍬はほぼ目にしない状況です。

そんな手鍬ですが、弊社の職人が丹精した形の変わった「カッチャ小」が売れ行き好調になってきました。三角形の刃が土をすくったり、土を砕いたり、移植用の穴を掘ります。

「カッチャ小」なるもの、鍬形状の移植コテと言ったところでしょうか。

非売品の「移植コテ」が人気?
2009/08/19  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





鍬屋ブログ店で好評発売中の「家庭菜園鍬(クワ)お得セット」。このお得セットのセット品である非売品の「移植コテ」が人気です。
商品サンプルを「鍬ギャラリー」に展示していますが、実はこの「移植コテ」昨年の鍬(クワ)の日イベントで人気を博したものです。イベント用に準備したものはメッキ仕上げでしたが、プレゼント用はアースカラーにコーティングしました。

数量限定。現在のお得セットで終了予定です。

「掘り取るゾー」絶好調です
2009/07/02  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





年初のデザインコンペにカラーバリエーションを提案した「掘り取るゾー」。残念ながら入賞はしませんでしたが、販売は絶好調になってまいりました。賞よりも実の評価をいただいているようです。

ユニークな形状に実力を備えた刃は作業性を高めてくれます。ちょっとした根菜の収穫や小さい花木の植え替えに威力を発揮しています。

「田の草取り」動きが出ています
2009/07/01  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





農機具店の展示会であがった要望を基に作った「田の草取り」。商品名の通りの用途ですので売りにくいとの指摘をいただいた事があります。実際に田んぼの他にも用途は転用できます。雨上がりの畑では雑草を書き取る事にも有効でした。
あまりにも素直につけた商品名の「田の草取り」ですが、使用時期に入り動きが出てきました。

「草刈りレーキツルホー」売れています
2009/06/30  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



一昨年発表した「草刈レーキツルホー」が売れています。まだまだお取り扱いをいただいているお取引先様は少ないのですが好調です。



画像は昨年発表した「草刈レーキツルホー 丸刃」です。

「草削り」の活躍時期がやってきました
2009/06/10  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



曇り空のムシムシした嫌な時期がやってまいりました。私は梅雨が苦手です。特に梅雨寒といわれる気温の下がった日は要注意です。油断すると必ず襲われる神経痛。今年は体調万全で乗り切りたいと思います。

そんな梅雨ですが、俄然元気を増す雑草たち。毎年この時期のブログに記事に登場してます。そんな雑草を根こそぎ刈り取る草削りの小物のご紹介です。



写真は「雑草かき つる首」です。文字通り刃部と柄をつなぐ部分が鶴の首のように湾曲しているため「つる首」と呼ばれています。柄は手元にコブをつけた丸柄の300ミリ。刃部は手付けの鋼付き刃巾120ミリ。鍛錬した刃は切れ味が違います。

ちょっと目新しい草削りをこの後もご紹介させていただきます。

『四本万能鍬』は家庭菜園道具の位置を得たのか?
2009/06/08  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





どこのホームセンターでも土農工具売り場に定番として並んでいる『四本万能鍬』。家庭菜園がブームになりつつある中、「備中鍬(ビチュウクワ)」カテゴリーの代表アイテムとして認知の度合いが高まっている。

春は畑作りの土起こしに用いられ、秋には根菜の収穫にも活躍の場がある。比較的使用頻度のある商品であるが、仕様についての問い合わせが少ないことが気にかかっている。

「平鍬」は如実に地域性を表し、家庭菜園具とは言えどもこだわりを求められる商品だ。「唐鍬」特にタケノコ唐鍬の仕様問い合わせは「平鍬」のそれに匹敵する。「草削り」は最近の三角鎌人気で言うまでもない。

販売数の割りにクレームも要望も少ない『四本万能鍬』。家庭菜園具としてまだまだ改良の余地有と感じているのは私だけなんでしょうか?

『ごっそり掘り取りフォーク』の試運転
2009/06/02  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





昨年から本格的に販売を始めた『ごっそり掘り取りフォーク』(旧商品名サトイモフォーク)が好調です。秋に収穫用に使うほかに、畑作りにも十分威力を発揮します。

先日、在庫が一掃したものですから新たに作った『ごっそり掘り取りフォーク』のフィールドテストをしてみました。この時期根ものの収穫はありませんので、これから家庭菜園を楽しむ休耕地で試してみました。

写真のように我が家のにわか畑も十分に掘り起こすことができました。掘り起こしは、新地(荒地)では厳しいですが一度掘り起こしているところでは役に立ちそうです。

鍬屋ブログ店専用商品が人気!
2009/06/01  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



鍬屋ブログ店でご紹介している『砂金取りカッチャ』が人気です。



今日は以前にお買い求めいただいたお客様から特注品のオーダーをいただきました。趣味の道具である以上、お好みに合わせての仕様変更はいずれご要望が上がるのではと感じていました。

しかし、弊社の職人や知り合いで砂金取りを趣味にしている人がいないものですから、商品のポイントがなかなか見えていませんでした。

先日、弊社をお尋ねいただいたお客様から砂金取りのお話を聞かせていただいたばかりでしたので、このたびの仕様変更のオーダーは何とか付いてけそうです。

現在の品揃えに仕様変更商品を追加するにはまだまだ情報が足りませんので、しばらくは仕様変更オーダーで対応させていただきます。

ページトップへもどる