燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
一日一鍬ブログ:相田合同工場

除草ホー(草削り)の研ぎ
2007/03/20  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





立鎌や櫛形ホーなどの鋭利な刃が必要なものは水砥石で仕上げます。鍬類も刃物ですので商品によっては他の刃物と同様に刃を研ぎます。
弊社では欠けた鍬の刃を刃付け直しや、先掛け(刃の付けたし)で再生します。鍬の刃が欠けてしまってお使いになれない方は相談ください。
明日は関東地方で修理のイベントです。

土間の鍛造場
2007/03/19  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





工場見学にこられた方が一様に驚かれるのは、鍛造場がいまだ土間であることです。土間は鍛造した鍬を広げて次の作業のために冷やすのには都合が良いのです。しかしきれいに均されているわけではないので台車を移動させるにはちょっと不都合なこともあります。
子供の頃この鍛造場の一番奥に風呂がありました。湯上りに足をきれいに拭かずサンダル履きで走って家に戻ると必ず足の裏が汚れてた事を思い出します。そんな風呂も今は取り壊してしまい物置になってしまいました。
工場の中は機械が増えたりとその眺めが変わってしまいましたが、土間だけは昔のままです。この土間に立つと、何人もの職人が仕事終わりに風呂には入って、歩きながら品物や機械を眺めて帰って行った姿を思い出します。

なんだか『氷の世界』 季節ハズレですが
2007/03/14  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





連日寒さが堪えます。下手に3月まで暖かかったものだから、いっそうこの寒さが身にしみます。思わず陽水の『氷の世界』を口ずさんでしまいまいそうです。
しかし寒いながらも工場の中では春のシーズン到来を前に製造はフルの作業となっています。地元の不景気もあいまって、取引先の発注がギリギリまで起きないものですから一切即になっています。全く鍛冶屋泣かせの状況です。
写真は草刈りホーの鋼付けの様子です。外は寒いながらも、火床の傍は暑く汗が滴り落ちてしまいます。

修理イベントと同時進行で事務所改装中
2007/03/11  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





私が修理イベントで出張っているさなか、弊社会長夫婦は事務所の改装にいそしんでました。会長の趣味の一つが日曜大工。親(私の祖父)が大工の棟梁であった血か、手先の起用さをそのまま活かしています。昨年の秋にもにわか大工で在庫倉庫を手直ししました。
今回の改装は本社ギャラリーのミニ版を須戸事務所にも開設しようということになり、本格的に本業が忙しくなる前にと言うことで休み仕事となりました。
修理イベントの後に立ち寄ったら写真のようになっていました。今週中には形になると思われます。商品が並びましたらご案内いたします。

鍬ギャラリーの様子
2006/11/21  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





内覧会の『鍬ギャラリー』の1カットです。

本日、NHKラジオ第1放送で取り上げられました。
2006/11/02  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者



NHKラジオ第1放送「わくわくラジオ」内で、弊社の《鍬ギャラリー》が取り上げられ放送されました。

鍬の試食?
2006/09/19  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





写真は唐鍬など厚ものの鋼付けを材料と比べたものです。地元の子供たちの工場見学の際に工程を説明するのに使っています。
通常の作業ですので見せるほうはどうってことなくやっていますが、見ているほうは驚きのようです。結構驚いたり楽しんだりしていただいているようです。せっかくなので出来上がった鍬を感じていただきたいと思うのですが、食品の工場見学と違って一通り見てから試食ということができません。出来た鍬がこのようですといった説明ができずに困っています。
まさか工場の脇に畑を準備して鍬を振るってもらうわけにもいきませんしね。地元のお菓子屋さんにたのんで『鍬せんべい』でも作りましょうか。
せんべいだとすぐ欠けて、かえってイメージダウン?鉄製せんべい(鍬かい!)

社名のいわれ
2006/08/25  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者



弊社社名の相田合同工場の『合同』って何?と良く聞かれます。創業期(昭和5年頃)にはやっていた社名の一つだそうで、兄弟や親戚などが集まって出資した会社の意味だそうです。同様な意味で『兄弟』を社名に入れているところもありますよね。
ひと昔前にはやったこの社名も今ではなかなか無い社名のようで、『アイダゴウドウコウジョウデス』と電話で伝えると、たいがい聞きかえされます。しばしば間違えて伝わることもあり、『工場』が『工業』になってしまうことは日常的です。
先日、領収書を書いてもらうのに『アイダゴウドウコウジョウデス』というと余りに長くて濁音だらけなので『アイダゴードーデス』と言えば伝わると思いそのように言ったら、書かれた社名は『アイダゴールド』となっていました。
ニッコリ渡された領収書を手にしばし呆然。なんか高級貴金属店になった気分。(喜んでる場合かい!)

鍬の奉納
2006/08/18  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者





事務所の窓から見える稲が次第に頭をたれてきました。例年ですとお盆もすぎて少しは秋めいてくるのですが、今年はまだまだ夏真っ盛りです。
数年前から地元の神社に鍬を奉納しています。農作物の収穫時期にあわせ、仕事の無事を感謝してお参りします。まだまだ暑い日が続きそうですが、季節は秋へ移り変わっています。

かんかん照りの工場見学
2006/08/17  / カテゴリー:工場紹介  / 執筆者:サイト管理者



昨日からお盆明けの仕事の再開です。しかし連日暑いですね。暑さで頭の中もとろけそうです。涼しげな曲でも聴いてビールでもいただいている妄想で切り抜けたいのですが現実は陽水の『かんかん照り』を地でいったような暑い夏です。
今日は小学生16名が暑い中工場見学に来てくれました。気温37.4度、工場の通路40度、火床の前は50度はあったでしょう。少しでも涼しげに見えるかと思い水砥石での砥ぎの作業を見てもらいましたが気休めにもならなかったようです。写真は砥ぎの様子です。


ページトップへもどる