燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
一日一鍬ブログ:相田合同工場

持って行くわ《鍬》 鍬の刃あてカバー
2007/02/23  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



ようやく商品の準備ができたので、東京日本橋NICOプラザで行われる『にいがた県央マイスター@日本橋』に展示いたします。マイスターの技能・技術を披露する場ですので少々的を外している感はありますがあえて並べてみたいと思います。
多様なご意見をいただくのを楽しみに来週月曜から東京へ出張です。

持っていくわ《鍬》の打ち合わせ
2007/02/22  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



先日、県のデザインコンペで賞をいただいた弊社の『持っていくわ《鍬》』の具体的な商品化に付いてお取引先様を交えて打ち合わせをしました。社内で何回か検討しましたが一番の問題は木柄です。以下にコンパクトにするかで喧々諤々です。必ず、いい知恵が出ると信じています。

持っていくわ《鍬》 鍬のカバー
2007/02/14  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





このたび、IDSデザインコンペティション2007においてIDS賞を受賞した『持っていくわ《鍬》』です。
これは携帯できる農園芸具(鍬)を3通りで提案しました。写真の鍬のカバーは従来の鍬の刃先にカバーをあてることで車に積んでの移動時などに傷が付かない、また刃が危なくないようにとしたものです。
この『持っていくわ《鍬》』のコンセプトは日曜菜園などのレンタル農園に、ボウリングのマイボールやゲートボールのスティックのように自分の農園芸具を持ち運べたら、農作業が楽しくなるのではと考えたものです。
このほかに、②鍬自身を折りたたみコンパクトにしたもの、③鍬や道具を包括できるバッグ状のものをトータルで提案しました。
http://www.nico.or.jp/bosyu/ivent/doc/20070117ids.pdf

『軽快 窓鍬』軽快シリーズに新しい仲間が登場
2007/02/12  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





御好評をいただいている「軽快鍬」シリーズに新たな仲間が増えました。その名も『軽快 窓鍬』。神奈川県など関東方面でよく見られる窓鍬をモチーフに軽さが売りの軽快農菜鍬をさらに軽くしました。
強度を損なわない限界に大胆に窓を開け、総重量は1.25キログラムを実現。(軽快農菜鍬は1.4キログラム)開いた窓の効用は軽さの追求のみならず、砂地では余計な土が落ちて土壌移動時の重量負担軽減に。粘土地では打ち込んだ際に鍬と粘土の圧着部を減らし鍬の抜けにくさ防止に役立ちます。ただし大きく土を運びたいといった方には不向きとなってしまいます。
趣味の鍬にも使いやすさと機能を追及していきたいと考えています。

意外に好評!ミニ鍬販売します。
2007/01/16  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





地元に配布した修理キャンペーンのチラシで載せたプレゼント用のミニ鍬が好評です。弊社の事務所では神棚に飾ってありますが、見られたお客様から引き合いをいただいています。そこで『鍬ギャラリー』と『インターネット通販』で販売させていただきます。
商品は平鍬タイプと三本鍬タイプの2点です。いずれも桧製台付。作りは弊社藤乃鉈の作者、職歴30余年の初代藤夫が丹精しました。本鍛造全鋼製で、価格は平鍬タイプ2500円、三本鍬タイプ2800円。通販の場合は送料が別途かかります。
商品準備の都合上、販売開始は1月25日(木)頃を予定しています。準備が整い次第販売のページにアップいたします。あわせてトップページとこのブログで告知いたいます。よろしくお願いします。

軽快鍬シリーズ評判は上々
2006/12/20  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





先日も内覧会用新製品としてご紹介。評判が良いので再度の登場です。
弊社の従来の四本鍬の重量を30%OFFしました。商品名は軽快鍬。より軽くそして強度はそのままでをコンセプトに開発しました。『鍬と病気は軽いほうがいいねー』と言ったお客様の声を参考に、この春の新製品としてご提案です。

『オールマイティ唐鍬ステンレス2尺柄』悲しいかな柄の長さに根拠なし
2006/12/13  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





写真のように鍬を什器に陳列するスタイルがホームセンターでは定番になっています。すると鍬の角度や柄の長さの関係でどうしても中途半端にスペースがあいてしまいます。そこで、そのあきスペースを埋めるために中途半端な商品を企画せざるを得なくなります。
最近は売り場の効率化や目先を変えるためにこのようなあきスペース対策の商品が増えています。弊社でもその流れに巻き込まれつつ中途半端な商品を企画するに至りました。従来のオールマイティ唐鍬の3尺柄を根拠もなく2尺にした新製品です。実際はサンプルまででまだ販売はしておりませんが、作った見本が忍びないのでこのブログでご紹介です。

内覧会の展示商品
2006/11/20  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





本日からお取引様対象の来春用新製品の内覧会を開催しています。試売済みの商品や復刻商品、氷割りなどの季節商品を展示しています。
写真は新製品の『軽快鍬シリーズ』です。既存の商品よりも30%位軽量に作ってあります。鍛造の手作りの風合いを前面に出しました。軽くても作りは頑強。
内覧会終了後も引き続き鍬ギャラリーに展示いたします。


【鍬ギャラリー休館のお知らせ】
11月20日(月)より11月25日(土)まで来春用新製品内覧会のため『鍬ギャラリー』休館いたします。

今秋の一番人気? コラボGマイガーデン三角
2006/11/07  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





この秋から試売を始めた商品で売れ筋はこの「コラボグリップマイガーデン三角」でした。今年から,来季に向けての開発商品を実際に販売してみる取り組みを始めています。
コラボグリップとは従来のアルミパイプ柄に木のグリップを組み合わせたものです。何点かの刃と組み合わせてみましたがこのマイガーデン三角との組み合わせが一番良かったようです。
昨日までのお天気とはうって変わった荒天となってしまった一日でした。季節はこれから本格的な冬に向いますが、私たちの仕事はこれから春を迎える準備に入っていきます。

*事務所の前の通りを毎朝通学の小学生が歩いていきます。歩道も無い通学路では今日のような荒れた日は見ていて心配になります。子供たちが安心して歩ける通学路やスクールバスの整備を新市長にはお願いしたいものです。

5寸サイズの鉈
2006/10/24  / カテゴリー:新商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





鉈の品揃えを増やしています。取り回しのよさそうな5寸サイズを準備中です。
写真は定番サイズの鞘鉈6寸と新商品を比較したものです。鍬と同様軽いほうが好まれるのか、それとも従来の重さサイズが好まれるのか果たしてどうなるか楽しみです。早速今日はサンプルを持って営業してみましたが評判は上々です。
現在試売中。鍬ギャラリーにて展示してあります。

ページトップへもどる