燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
一日一鍬ブログ:相田合同工場

クサビの脱落、柄のガタツキ等のクレームについて
2008/04/29  / カテゴリー:製品クレームについて  / 執筆者:サイト管理者



昨年の今頃にいただいたクレームと同様の内容のお問い合わせをいただきましたので、クサビの脱落や柄のガタツキに付きましてのご注意をお知らせいたします。

ホームセンターなどに展示されている商品のクレームが続きましたので、あらためてご使用前の注意事項をお知らせいたします。
新潟の冬を経て春のシーズンに一斉に動き出し出荷される鍬の柄はどうしても湿気を含みがちとなってしまいます。その商品が関東などの冬場に湿度の低い地域で、また空調が効いている店内に展示されると、急激な乾燥が進み木の収縮が起こります。その結果ひどいときには曲がったりヒビが入ったりすることもあります。
このような製品の状態でいきなり使い始めますと木の収縮でおきた隙間からクサビが脱落したり、柄のがたつきがおきたりします。またがたついた状態でお使いになると、柄にヒビが入ったりひどいときは柄が折れる原因になります。
鍬のトラブルを回避するためにもお使いになられる前に次のことをお勧めいたします。
①.クサビの付いている鍬はクサビの部分をコンクリートの道路などにトンと打ちつけクサビを打ち込んでください。柄が鍬の裏側から引き込まれている鍬の場合は(家庭鍬・団地鍬など)は裏側に出ている柄の部分をトンと打ち付けてください。鍬が下がって硬くとまります。
②.①のようにした鍬をバケツに水を張るなどして鍬と柄の接合部に水を含ませてください。以上の準備で柄は固定されます。鍬に柄が固定されたことをご確認のうえお使いください。*ただし過度に水につけますと柄が腐る原因になりますのでご注意ください。

ご使用前のご注意!
2007/05/01  / カテゴリー:製品クレームについて  / 執筆者:サイト管理者



ホームセンターなどに展示されている商品のクレームが続きましたので、あらためてご使用前の注意事項をお知らせいたします。
新潟の冬を経て春のシーズンに一斉に動き出し出荷される鍬の柄はどうしても湿気を含みがちとなってしまいます。その商品が関東などの冬場に湿度の低い地域でまた空調が効いている店内に展示されると、急激な乾燥が進み木の収縮が起こります。その結果ひどいときには曲がったりヒビが入ったりすることもあります。
このような製品の状態でいきなり使い始めますと木の収縮でおきた隙間からクサビが脱落したり、柄のがたつきがおきたりします。またがたついた状態でお使いになると、柄にヒビが入ったりひどいときは柄が折れる原因になります。
鍬のトラブルを回避するためにもお使いになられる前に次のことをお勧めいたします。
①.クサビの付いている鍬はクサビの部分をコンクリートの道路などにトンと打ちつけクサビを打ち込んでください。柄が鍬の裏側から引き込まれている鍬の場合は(家庭鍬・団地鍬など)は裏側に出ている柄の部分をトンと打ち付けてください。鍬が下がって硬くとまります。
②.①のようにした鍬をバケツに水を張るなどして鍬と柄の接合部に水を含ませてください。以上の準備で柄は固定されます。鍬に柄が固定されたことをご確認のうえお使いください。*ただし過度に水につけますと柄が腐る原因になりますのでご注意ください。

『クサビが取れる』クレームについて
2007/04/24  / カテゴリー:製品クレームについて  / 執筆者:サイト管理者






『購入後わずかの使用でクサビが取れた』とクレームが寄せられました。弊社では写真のようにヒツ(柄を打ち込んでいる部分)に強めに(大きめに)柄を加工し、「木殺し」したのちに打ち込んでいます。新潟の冬を越えてこの時期に出荷される鍬はどうしても柄が湿気を含んでいるため、ホームセンターなどの空調にさらされると収縮してしまいクサビを打ち込んでいる部分に隙間ができることがあります。このような鍬の状態がクサビの脱落する原因と推察されます。
ご使用になられる前に、クサビの部分をコンクリートなどにトンと打ち付けていただき、水につけるなどして水分を与えていただいくと緩みが解消いたします。経年使用で木がやせてしまい当初付いていたクサビでは間に合わないといった症状には上記の方法は対応しかねますので、大きいクサビをご購入いただくか、柄のやせ具合によっては新しい柄に交換されることをご検討ください。
弊社では取り替え用の鍬柄、各サイズのクサビ・桂など修理用品を各種取り揃えております。また修理も常時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

溶接不良の三本鍬をお買い上げのお客様にお詫びいたします。
2007/02/11  / カテゴリー:製品クレームについて  / 執筆者:サイト管理者



昨日届きました弊社『お客様アンケート』に苦情をいただきました。溶接の不良でご迷惑をおかけしましたことをこの場を借りましてお詫び申し上げます。
現在、弊社では溶接工程は自社加工と外注加工の2通りで行っております。ご迷惑をおかけした商品の製造の流れを確認し、工程に不具合が無いか確認しております。明日の朝礼においても前処理の徹底を指示・確認いたします。
定期的に不良品ゼロを目標に作業工程チェック、品質管理の徹底を行ってまいります。今後も弊社商品をよろしくお願いいたします。

製品のクレームについて 『鍬の曲がり』
2006/11/19  / カテゴリー:製品クレームについて  / 執筆者:サイト管理者



今頃の時期と春のタケノコの頃に多く発生するのが鍬の曲がりのクレームです。この時期は庭木の植え替えや、根菜類の掘り起こしに鍬をテコにして曲げてしまいます。ひどい状況では鍬が曲がって柄まで折れるケースもあります。
決して鍬はテコ代わりにしないでください。刃が曲がるよりも、柄が折れることで怪我をすることが多いのです。用途に応じて道具はお選びください。

【鍬ギャラリー休館のお知らせ】
11月20日(月)より11月25日(土)まで来春用新製品内覧会のため『鍬ギャラリー』休館いたします。

製品クレームについて 1  【木柄の折れ】
2006/10/30  / カテゴリー:製品クレームについて  / 執筆者:サイト管理者



製品には万全を期しておりますがときに不良品が発生しお客様にご迷惑をおかけすることがあります。
そんなクレームの中で、もっとも多いのは木柄の折れです。ご使用の状況が特定できないのでなんとも申し上げにくいのですが、自然物ですので対応年数が越えていることや雨風にさらされて木の樹脂成分が抜けて弱くなってしまうこともあります。
また、伐採の際に障害物に当たり木の繊維が断裂してしまう事があり、その部分が材料として加工されてしまい製品に混じることもあるそうです。その場合はいとも簡単に折れてしまいます。
以上を踏まえクレームをいただいたときには状況をお聞かせいただいて対応しています。場合によっては対応年数やご使用の状況から推察し木柄の寿命だったとご理解をいただいています。
弊社では取り替えようの柄を準備しています。お持ちの鍬に合わせて取替えの加工もいたしますのでご相談ください。

ページトップへもどる