燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
一日一鍬ブログ:相田合同工場

タケノコ堀鍬のお買い得はこれだ!
2016/03/18  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



タケノコ堀鍬の出荷がピークだと先日のブログでご紹介しました。現状はいまだに出荷が衰えていません。今年はどうやらタケノコが豊作な年まわりとなりそうだと、鍛冶屋が市況の予測をします(笑)



弊社で数あるタケノコ堀鍬の中で、作る手間と販売価格のバランスが悪いまま現在に至っているのが「タケノコ唐鍬細バチ」です。開発当初は適当な厚さの材料が無いため、ヒツ下の厚みをとるために据え込んでいました。現在は製法を変えておりますが、それでも手間は変わりません。



アベノミクスが何と言おうと、続いている業界の不景気においそれと販売価格に手を入れることができません。値上げしたいのはやまやまですが、今年の春も今まで通りの価格で出ています。
小林旭の唄のフレーズみたくなりましたが、今シーズンもよろしくお願いいたします。



http://www.takumi-honpo.com/SHOP/AD-339.html

「さくり鍬」  鍬専門鍛冶屋のご提案
2016/03/16  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





家庭鍬には反りがあると説明足しましたが、「さくり鍬」には反りは僅かしかありません。長柄に鈍角に長刃を付けた家庭菜園用の鍬です。

3月4日付けのブログで家庭鍬の反りについて説明いたしました。家庭菜園で使用する鍬に反りが必要か否かの結論はさておき、今日ご紹介する「さくり鍬」は、関東での使用を前提に開発した家庭菜園用の鍬です。



大正鍬などの関東の鍬の特徴である刃部は細長く柄は長めを、商品設定の基本的な考え方に据えました。刃巾120ミり刃長305ミリ柄の長さ1200ミリです。刃部の材料厚3.2ミリ、柄を含めた重量は1600gと軽量にしました。(重量は木柄に重量ばらつきがありますので前後します。)



刃先はもちろん鋼付け。関東ローム層の軽くやわらかい土壌には、切れ味良くお使いいただけます。

商品名さくり鍬の「さくり」は、土を削る・掘るの意の「さくる」から用いています。

http://www.takumi-honpo.com/SHOP/AD-107.html

仕様変更いたしました  家庭鍬極
2016/03/15  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者



弊社の鍬の選び方・使い方ワークショップでご利用いただいております、「家庭鍬 極」の仕様を変更いたしました。



開発当初は、柄角度を一般的な家庭鍬よりも鈍角に、土すくいは反りでは取らず鍬の縁を折って(耳折加工)、大きく土を動かせるようにと設計しました。ですので、見た目も大きく従来の家庭鍬とは一線を画す特徴的な形と機能性を兼ね備えた商品となりました。

販売から10年あまり経ち弊社で鍬のワークショップを開催するようになってから、開発当初には無かったお客様からの声が上がり始めました。それは、「大きすぎて使いにくい」というものでした。
考えてみれば、この家庭鍬極の刃巾は15センチの設定で、一般的な家庭鍬の12センチと比べれば相当大きな印象を与えてしまいます。また、土が載った時にはそれなりの重さになるのは当たり前の事。



これらのお客様の声を受けて、この度家庭鍬極の刃巾を変更いたしました。刃巾は従来の15センチから10%狭くし13.5センチとなります。この仕様変更は鉄製・ステンレス鋼付のいずれの商品も該当します。また、15センチ刃巾の商品は在庫が無くなり次第終了します。

家庭鍬の違和感
2016/03/04  / カテゴリー:鍬あれこれ  / 執筆者:サイト管理者



画像は家庭鍬のステンレス鋼付の商品です。この商品、ホームセンターで販売されている商品と違うところがありますがお気づきでしょうか。



答えは、「刃部の反り」です。刃部の反りを従来品と比べ小さくしています。
(一般的な家庭鍬)

家庭鍬は、そもそもホームセンターで販売される安価な商品として地元三条の流通事業者が開発したものです。地元の農家さんが使用している鍬をモチーフに、安価にかつ流通しやすい形にしたものです。ですので、地元特有の深い反りが鍬に残されています。
この反りは、地元の田んぼで畔を塗るには非常に都合が良いのです。軟弱地盤の深い田んぼでは、作業者が田んぼに入って畔を塗るため、鍬の反りは刃の裏面をコテ代わりに使用できます。

しかしながら、この反りによって柄は手元が下がり角度が付きます。家庭菜園で畑ように使用すると、手元が下がる分過度な腰曲げの作業姿勢になってしまいます。新潟県や山形県では比較的鍬の反りの深い鍬が見受けられますが、私の営業範囲では少数派のようです。
これが家庭鍬は使いにくいと言われる理由の一つになっています。

(反りを小さくした家庭鍬)

家庭菜園用に使っていただきたいから「家庭鍬」と名付けたのでしょう。地元三条での家庭菜園用でしたら、違和感なく受け入れられますが他の地域ではどうでしょうか。
この様な現状を踏まえて地域の実情に即した、弊社オリジナルの「家庭鍬」を開発しました。地元の鍬の反りが小さいある地域のホームセンターでは、ロングランのヒット商品になっています。

製品+製品情報=商品 にしませんか!
2016/03/03  / カテゴリー:製品安全の取り組み  / 執筆者:サイト管理者



本日はひな祭り。春到来を暦で感じると言うよりは、鍬の出荷作業が増え身体で感じています(笑)
シーズン到来で、冬の間は話題にもならなかったいろいろなことが、出荷数量に比例して起きてきます。
今年は、私どもの取り組む製品安全対策の効果について聞かれることが増えそうです。



長らく取り組んでいる製品安全対策の効果が、製品事故の防止はもちろん返品やクレームの減少にも役立っています。私どもの製品は「道具」ですので、選び方や使い方、メンテナンス方法は使用していただく上で、必要最低限のお渡しすべき製品情報になります。

しかしながら、平成不況や円高に突入したことで、価格の低い安価な商品の流れに「道具」も巻き込まれ、これらの製品情報が安価にするという理由で省かれてきました。違う見方をすれば、販売店に供給する側が「道具」であるがゆえに、購入者は選び方や使用方法は知っているものとして省いて来た事も否めません。また、「安くなければ売れない」という、デフレ下の盲目的な商品選択は道具である製品自体の品質までも低下させてきました。

今でもホームセンターには、一回使うと切れなくなる鎌や土に刺さらない鍬が当たり前に流通しています。用途機能が発揮できない安価な道具は、無理に使おうとして破損したりケガにつながったりとリスクが増大します。ひどい商品は、安価に作るために必要な製造工程が省かれ、道具自体でケガをしてしまうケースまで起きています。もちろんこれらの商品には、使用方法等の適切な製品情報は備え付けられていません。

また、製品は確かなものなのに価格を下げんがために本来必要なパッケージを省いて、裸で販売しているケースも目立ちます。このような販売方法では製品を手に取ろうとした時に、むき出しになった刃でケガをするなど本末転倒な事例も想定できます。それ以前にパッケージを外すことで、製品情報を記載する機会をみすみす逃すことになります。

製品安全対策を勉強していくと、私どもの業界のおかしな販売方法や慣習や競争に気が付きます。製品安全対策の取組みは道具の製造者と販売者と使用者のあるべき姿に気付かせてくれます。

「トンビ」の次は「シノギ付」か?
2016/03/02  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





平成の不景気で全く先が見えなくなった平成10年前後に、新たな販路を獲得するためホームセンター市場を模索していました。当時のホームセンターにはプロユーザーである農家の方も、道具を調達に多数来店されていました。ですので、私どもの商品を受け入れていただくために、商品の設定変更は僅かな変更で済んでいました。ホームセンター市場での弊社商品の可能性を大きく感じていた頃です。



今のホームセンターではでは品揃えが一番薄い「唐鍬」も、300匁、350匁の重量品揃えやトンビ鍬のような開墾系まで売り場に並んでいました。それらの商品の中で異彩を放っていたのが、画像の「シノギ付唐鍬」。地域によって呼び名が違いますが、弊社では頑丈さを強調する表鎬(おもてしのぎ)が印象的なためこの名で呼んでいます。

根切り、抜根から開墾、土起こし、この時期にはタケノコ堀と、強靭さと切れ味が求められるのが、シノギ付唐鍬の仕事になります。

昨年来、この商品をもう一度世に出したいと営業活動を続けてまいりましたが、どうやら今年は再ブレークの予感が。このタイミングで昨年の実績を上回る販売実績になってきました。

トンビ鍬に続く復活なるか、15年前の製造・出荷に追われる絵面を強力にイメージしています。

http://www.takumi-honpo.com/SHOP/AD-335.html

商品問合せ情報 ~縦爪レーキ~
2016/02/25  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





写真は「縦爪レーキ」です。訳け合って製造を終了した商品です。昨年の地元の販売イベントで特売品として数丁ご提供しまた。
お買い求めいただいたお客様から高評価をいただけたようです。再販のお問い合わせをいただきましたが、複雑な心境です。
使用者と使用時期と使用場所のマッチングが道具の評価を左右しますが、今は販売先と価格とデザインが優勢なだけに作り手としても道具の評価を見誤ってしまう事がしばしばです。

「トンビ鍬」ふたたび…
2013/04/28  / カテゴリー:商品紹介  / 執筆者:サイト管理者





昨年の大型連休に縁あっておじゃました奈良県大和郡山市の里山。こちらの耕作放棄地を復元している若者たちと出会い、自らの仕事に新たな目標を得ることができました。

決して地元から出ずに仕事をしているわけでもなく、同業者の中では比較的出歩き、取り引き先やユーザー様から情報得ていたつもりでした。しかし、初めて里山を訪れそこで作業している若者の姿を見、ユーザーとしての話を聞いた時に衝撃が走ったのを今も忘れることができません。全国各地のさまざまな鍬を作り続けお届けしていたつもりが、本当に欲している人たちには届いていない。

「どこで買っていいかわからない」「何を買えばいいかわからない」「どう使っていいかわからない」さまざまな無い無い尽くしでした。「この人たちに自社の商品を使って貰いたい」、「この作業にはこの商品を使うべきだ」、私のやらなければならない仕事が彼らの言葉から透けて見えてきました。

本当に良いきっかけをいただけたと感謝しています。


画像提供/一般社団法人里山自然農法協会


最初の出会いからまもなく一年。彼らとの出会いから過去の遺物となりかけていた商品が復活の兆しを見せてきました。開墾に使う「トンビ鍬」。耕作放棄地に新たな出番を見出し始めています。

体制が整いました
2012/11/06  / カテゴリー:製品安全の取り組み  / 執筆者:サイト管理者



今日までに弊社の若手スタッフ3人にノートパソコンをそれぞれ持たせ、いよいよ社内トリセツ作りの体制が整いました。

それなりの出費になりましたがそれはそれ、会社の将来に対する投資として、また若手スタッフそれぞれのスキルアップが結果、彼らの将来のためになると信じています。

製品を作る職人がトリセツも作る体制の会社になっていきます。

次の段階はそのトリセツを活用し、使い方をレクチャーできる職人の育成を目指します。

鍬の修理問い合わせが急増中
2012/10/31  / カテゴリー:鍬修理  / 執筆者:サイト管理者



今日の三条は最高気温が14度あまりで、11月中旬くらいの気候だそうです。そんな肌寒い天候ですが、鍬の修理は熱気を帯びてきました。

先週末から問い合わせが相次いでいます。今日は先祖代々大切にされているお客様の鍬を修理させていただきました。
修理をしながら身の引き締る思いです。大事に大切に使われている鍬を見るたびに、私たち鍛冶の仕事の奥深さを実感します。

作られた頃の作り手と使い手のやりとりが聞こえてきそうです。道具には多くの会話が込められて、今に伝わっているのだと気づかされます。

来週は修理イベントで出張です。また多くの話題を、持ち込まれる鍬から聞かせてもらう季節がきました。

ページトップへもどる