燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー
お気軽にお問い合わせください
会社案内:相田合同工場
ホーム ›› 会社案内 ›› CSRへの取り組み

CSRへの取り組み



「耕作放棄地を解消して生き物を育む田圃や畑に戻す。生き物があふれる田畑で土地の人もボランティアの人も支援する人も多くの人が集える場所にしたい。」

耕作地放棄解消

弊社はこのような願いを込めて、耕作放棄地を解消して棚田や畑、果樹園に戻す取り組みを応援しています。全国でこれらの活動をしている団体に、整備に必要な手道具を寄贈し支援するプロジェクトを始めます。

耕作地放棄解消

活動の概要

弊社の里山ツールの販売代金の一部及び寄付金や助成金を原資に、連携するNPOを通じて、里山ツールを必要としている団体に寄贈させていただきます。また、手道具の提供だけでなく、ワークショップ等を通じて道具の選び方や使い方、メンテナンスの仕方などもあわせてご紹介しています。

耕作放棄地解消事業や環境保全事業を実施している団体に、
手道具の寄贈をご検討されている皆様からのご質問やお問い合わせをお待ちしております。

私たちは鍬をつくる鍛冶として、
「職人の技で里山の暮らしを未来につなげる」ことに、精一杯のお手伝いしてまいります。

活動のご紹介

<ツールマイスタープロジェクト>

         

ツールマイスタープロジェクトのFacebookページはこちら

ツールマイスタープロジェクトは、道具の使い手を増やすこと、育てることを目的としています。道具の選び方・使い方ワークショップの開催、テキスト作成やインストラクターの養成、里山ツールマイスター講座に講師を派遣しています。

活動報告1
ページトップへもどる