燕三条鍛冶の伝統を守り、手造りにこだわり続ける鍬・農具の専門メーカー

お気軽にお問い合わせください
ワークショップ:相田合同工場
ホーム ›› ワークショップ ›› 開催レポート ›› 2014/08/22 「鍬の選び方・使い方ワークショップ」 in 三条よろぶちの会 中浦農場

「鍬の選び方・使い方ワークショップ」 in 三条よろぶちの会 中浦農場
2014/08/22  / 開催レポート



2014年8月22日(金)に三条市の旧下田地区中浦農場にて「鍬の選び方・使い方」ワークショップ開催しました。当日は現地まで足をお運びいただきまして誠にありがとうございました。

開催レポート

テーマ
家庭菜園ツールマイスター講座 「鍬の選び方・使い方ワークショップ」
日時
平成26年8月22日(金)9:00~12:00
会場
座学:株式会社 相田合同工場
フィールドワーク:三条よろぶちの会 中浦農場
参加者
駒沢大学経済学部 姉歯ゼミ 学生15名 引率2名 三条よろぶちの会1名

例年になく非常に不安定な天候が続くなか、東京から駒澤大学姉歯ゼミの学生さんたちが弊社のワークショップに大勢で参加していただきました。前日に工場見学をしていただき、当日は弊社の鍬ギャラリーにて選び方・使い方の座学を実施しました。
弊社の営業日でもあるため、ワークショップに対応できる社員スタッフにも制限があり、20名弱を3名で対応するハードワークとなりました。

2014.08.22ワークショップの様子1

弊社の畑では手狭なので、NPO法人三条よろぶちの会のご協力をいただき、中浦農場をお借りしてのフィールドワークとなりました。

2014.08.22ワークショップの様子2
2014.08.22ワークショップの様子3
2014.08.22ワークショップの様子4

農場に移動しますと天候は回復し久しぶりの青空でしたが、前日までの雨で農場のコンディションは今一つでした。作業内容を説明し学生の皆さんから体験していただきましたが、猛烈な日差しと気温で思ったように指導できず休み休みのフィールドワークとなりました。多勢に無勢の体験指導となりましたが、若い人たちは呑み込みが良いようでフィールドワークの後半には畝づくりも順調に進み、大根やニンニク、ラッキョウなどの植え付けが予定通りできました。

一通りの作業の後、脇を流れる用水路で鍬のメンテナンスの講習を行い、暑いさなかの「鍬の選び方・使い方ワークショップ」を無事全行程終了することができました。

スタッフの声

今回の「鍬の正しい選び方・使い方」講座は駒沢大学の姉歯ゼミの学生が参加されました。参加者の学生は、今まで鍬を使ったことがない、日本昔話などのアニメでしかみたことがない方ばかりでしたが、ワークショップの後半には鍬の使い方が上達し、あっという間に畝をつくり、大根・らっきょう・ニンニクの種を植えることができました。育った作物は後日公開します。

使用した道具

今回のワークショップでご使用いただいた道具は下記となります。
※製品をクリックすると、ネットショップ(匠のぬくもり本舗)へ移動します。

とんび鍬

硬い土の掘り起し作業に使う
とんび鍬

四本万能鍬

塊になっている土をほぐす
四本万能鍬

六つ子

雑草や小石の除去を助ける
六つ子

家庭菜園鍬「極」

畝作りに土を持ち上げやすい
家庭菜園鍬「極」

今回の作業で一番注目を浴びた道具は「とんび鍬」です。
刃の形状が丸く厚みのある「とんび鍬」は初心者の人が鍬を打ち込むときに多少ぶれてもしっかり地面に刺さることに驚いていました。

今回の気づきと製品の改良・改善点

参加者から出た疑問点
 Q:鍬の刃先はどのくらい土壌に打ち込めば良いのか?
 A:刃先を土壌に打ち込んだ際のモーメントで、そのまま引抜けるくらいの刃先の深さにしてください。

ページトップへもどる